ジェネリック薬からわかること

知識はどんどん仕入れ、それを生きるために使うべきです。
特に医薬品に関しては、私たち素人では理解できない部分が多く、それを少しでも知ろうとする努力が必要でしょう。
身近な薬として知られるようになったED治療薬は、男性にとって救世主とも言うべき存在です。
バイアグラ、シアリス、レビトラの3つが日本で認可されており、クリニックでも処方されるのは有名な話でしょう。
私は現在中折れに苦しんでおり、あまりにも悩み続けた結果妻に心配されました。
結局クリニックで診断を受けてレビトラを処方されたのですが、あまり体に合わなかったようで、自分でネット上でいろいろな薬を吟味したのです。
その結果、どうやらこれが一番だと思えたのが、バイアグラのジェネリック薬カベルタでした。
インドの製薬会社が作ったこの薬は、主成分がシルデナフィルで、バイアグラと製法は違いますが、まったく同じ効果を発揮してくれます。
しかも安いので経済的負担もかかりません。
ただ、これを買うまでの道のりは平坦ではありませんでした。
私はそもそもインドのジェネリック薬がどうしてこんなに安いのかを知りませんでした。
国内で買えるバイアグラなどの価格が一錠1500円から2000円もするのに対し、ジェネリック薬は個人輸入で一錠100円程で購入できるのです。
そのため、経済的な面でいえば大変お得なのですが、安いものは質が悪いとの法則が昔はあり、それが私もひっかかっていました。
よく調べてみると、カベルタをはじめとするインドのジェネリック薬は、インドの特許事情により安く生産されていたのです。
インドでは医薬品特許の法律が他国と違っており、オリジナル品のメーカーさんに払う特許料を払わなくていい状態を作っていました。
このため、最初から特許料が入らないジェネリック薬が作られており、商品価格が安いのです。
これで私は、ジェネリック薬が決して質が低いから安いのではないことがわかって、ほっとしました。
ネットでさまざまなことを調べていくに従い、バイアグラのジェネリック薬からわかることがいかに多いか理解できました。
私もカベルタを買うようになって、個人輸入のシステムや業者さんの選び方を知り、今のネットでの医薬品通販のシステムからED治療薬の真実を知ったのです。
こうして得た知識は確実に生きることになり、私のセックスライフはおかげさまで充実しています。
妻とのセックスレス状態は、今ではすっかり解消されました。
何しろ中折れがまったくせず、勃起持続時間がかなり長くなったからです。
性的刺激を受け続ける限り萎えることがないので、若いころよりもはるかに下半身が強くなったような気すらします。
カベルタはバイアグラの特許が完全に切れるのを境に、日本でも正式に認可される薬の筆頭と呼ばれています。
これは、インドのジェネリック薬が世界に認められていることを証明する機会でもあり、これをきっかけにしてさらに世界レベルの医薬品が安心して手に入るようになると期待が高まっているのです。

Comments are closed.